じゃがいもの上手い選び方

じゃがいもは、お菓子から夕食のおかず、煮物、コロッケ、ソテーなど色々な調理ができる食材として日本だけでなく世界中で愛されています。旬な時期は秋から冬にかけて。時期でいうと9月くらいから2月までと一年の半分は美味しく食べることができます。

 

鮮度の良いじゃがいもの見分け方

そんなじゃがいもの上手な選び方としては、まず表皮にシワや傷が入っていないもの。また、つるんとしていて凹凸が少ないものの方が美味しいとされています。形に関してはふっくらとふくよかな見た目の方が良く、手に持ってみて重みが感じられればなおの事良いです。逆に、痩せ細っていて凹凸が多いものはしなびれていたり鮮度を過ぎていたり、調理しても空洞が多くて食べるところが少なかったりということがあります。せっかく美味しく食べようと思って買ったのに変色部分が多くてパサパサしていると、とても残念です。

 

じゃがいもの芽に含まれる有毒物質に注意

また、じゃがいもの芽には猛毒である「ソラニン」が含まれています。ソラニンは人体に非常に有害で、腹痛や嘔吐症状を引き起こしたりと神経に作用する毒性を持っています。摂取過多の場合、最悪死に至る危険もありますので、スーパーや八百屋さんで見かけた場合でも店頭に置いてあるから安全と思わず、少しでも芽が出ているものは選ばないようにした方が良いでしょう。