知っておきたいさつまいもの選び方

数ある野菜の中でも、最も生食に活用されているさつまいも。栄養価も高く、カロテンや各種ビタミンの他、カルシウムも含んでいます。皮にも抗酸化物質が含まれており、体内の酸化を防止してくれる効果がありますので、生活習慣病対策にもさつまいもはぴったりの食材です。

 

鮮度の良いさつまいもの見分け方

さつまいもを食べよう、と思った時に知っておきたい選び方として、まず触ってみて重たいと感じるものがベストです。袋に入っていたり、触ることができない場合は太くてどっしりとした形であるものを選びましょう。重量感のあるさつまいもは水分が多く新鮮です。さらに、表面は凹凸が少なく、つるんとしていて色が濃いものがベスト。逆に凹凸だらけで色が淡い、あるいは非常に軽いようなさつまいもは成長不良を起こしていたり、うま味もあまり期待できない可能性が高いので注意します。さつまいもの旬な時期は秋ごろで、じゃがいもとは違い一年の中でも比較的短い期間に旬が訪れます。紫いもなど切り口が紫の種類も存在しますが、見分けるコツとしては表面の色がしっかりと濃くなっていて、かつどっしりとした重量感のある見た目であること。焼き芋にしたり、ソテーにしたり、お菓子にも使えるだけでなく、栄養もしっかりと摂ることができます。食欲の秋においしいさつまいもをたくさん食べて、健康な生活を送りたいものですね。