HOME

放射能汚染が深刻な問題と化している現在の日本で、もっとも心配なことは未来を担う子供たちが、食品を口にすることによって被爆してしまうということだと思います。特に健康を保ちすこやかな成長をうながすために野菜は欠かすことができません。

子供に安全な野菜を食べさせる目的とは

安全な野菜を食べさせてあげることは保護者の義務でもあると思います。なぜなら、子供は放射性物質に弱く、成人の10倍も身体に直接的な影響を受けると言われています。大体成人で1000ミリシーベルトも被爆すれば、鼻血や嘔吐などの諸症状が現れてくるといいますが、子供の場合は成人に比べて身体が小さくまだ未発達の状態ですから、1000ミリよりもずっと小さい値の被爆でも危険です。出来るだけ汚染されていない放射性物質が不検出の食材を使ってあげたいものです。

野菜だけでなく産地の放射線量も重要

安全な野菜を食べさせるときに気を付けたいことは、野菜の生産地はもちろん、生産地できちんとモニタリングが行われ放射性物質の検査がされているかどうかが重要です。産地が北海道だから安全というわけではなく、北海道の土壌そのものが安全かどうかを見極めなければなりません。産地を確認したら、その自治体がきちんとモニタリングを行っているかをホームページなどで確認するとより確実でしょう。確認をするまでもなく、独自に検査をしている自治体や農家から野菜を購入するというのも良い方法です。子供が健康を維持し問題なく成長していくために、健康に害のない安全な野菜を選択してあげましょう。